切れ痔 キレ痔 裂肛

痔のホームページ
TOP > 裂肛(切れ痔、痔裂)

切れ痔 キレ痔 裂肛

HOME
痔とは
痔の種類
痔は生活習慣病
痔の薬
病院へ行こう
痔で手術?
痔の手術法
手術について
手術体験記
 
 
 
リンク集
ホームへ
スポンサードリンク
裂肛(切れ痔、痔裂)
裂肛(れっこう)は、一般に切れ痔と呼ばれるもので、便秘や硬い便、太い便などが原因で肛門上皮が切れてしまい、排便時に痛み、出血するものです。
肛門のふちより1.5cmほど奥にある歯状線の外側にできる外傷です。
裂肛の多くの原因は、便秘で固い便をいきんで出そうとしたり、下痢が続いているときに起こります。
これは、固い便を無理やり出す時に、肛門上皮を傷つけてしまうためです。
下痢の場合も通常の便と比較すると、勢い良く出てくるため肛門を傷つけてしまう事になります。
排便後の痛みがひどくなると、痛みのために便が出せなくなり、さらに悪循環に陥ることもあります。
裂肛周囲には肛門ポリープ、見張りイボとよばれる突起が出来やすい。
慢性化すると、肛門狭窄をおこすことにより、肛門が狭まるためさらに切れやすくなります。
軽度の裂肛は、緩下剤や外用薬で治療するが、肛門狭窄を合併するような裂肛では、手術が必要な場合があります。
また、症状がでた場合は、肛門を冷やさないようお風呂に入って暖めたり、便を適度に柔らかくするように薬で調節する等が効果的です。
裂肛 キレ痔
 
【日常生活の注意点】
○便秘をしない
○患部をいつも清潔にする
 
 
 
スポンサードリンク

Copyright(c) zi.4492.biz All Rights Reserved