痔の薬の種類

痔のホームページ
TOP > 痔の薬の種類

痔の薬の種類

HOME
痔とは
痔の種類
痔は生活習慣病
痔の薬
病院へ行こう
痔で手術?
痔の手術法
手術について
手術体験記
 
 
 
リンク集
ホームへ
スポンサードリンク
痔の薬の種類
痔核の出血、腫れ、痛み等の症状の殆どは薬の治療で改善します。
肛門の外にある外痔核が腫れている場合は軟膏を塗布し、肛門の中にある痔核が腫れたり出血している場合には軟膏を注入するか固形の座薬を挿入して治療します。
また、痛みを抑えるための鎮痛剤や、肛門に負担をかけずに排便するために下剤などの内服薬も使用します。
ただし、痔核の腫れは薬の効果で小さくはなりますが、消滅してしまう訳ではありません。
従って、痔核が大きくなって肛門外に出る脱肛は、薬では根治治療できませんので、悪化した場合は手術による治療が必要になります。
痔の薬は、座薬(ざやく)や軟膏等のクリームタイプと、内服薬があります。
市販されている痔の薬は高いので、できれば病院で処方して貰いましょう。
保険適用でかなり差があると思いますよ。 
プリザS
 
座薬 へ
 
 
スポンサードリンク

Copyright(c) zi.4492.biz All Rights Reserved