手術法 痔瘻 痔ろう 穴痔の場合

痔のホームページ
TOP > 手術法 痔瘻(痔ろう、穴痔)の場合

手術法 痔瘻 痔ろう 穴痔の場合

HOME
痔とは
痔の種類
痔は生活習慣病
痔の薬
病院へ行こう
痔で手術?
痔の手術法
手術について
手術体験記
 
 
 
リンク集
ホームへ
スポンサードリンク
裂肛(切痔)の場合
何回も切れてしまう人は手術の対象となります。
裂肛(切れ痔)の手術には2種類があります。
切痔が慢性化していない場合は内括約筋を緩める手術をしますが、裂肛が慢性化すると肛門が狭くかたくなり排便に苦痛が伴うので、どちらの手術方法もこの肛門のかたさと狭さを取り除くために行われます。
 
【内肛門括約筋側方切開術(LSIS)】
最も一般的な治療法である内肛門括約筋側方切開術は、内肛門括約筋のけいれんが起ることにより、肛門が常に狭くなっている状態を改善する手術法です。
肛門上皮に局所麻酔を行い、肛門管には手術創を作らずに肛門の縁を少し切開し、そこから内括約筋を浅く切って肛門を適度な大きさに調節します。
 
【スライディング・スキン・グラフト法(皮膚弁移動術・SSG)】
慢性的な裂肛のため、肛門狭窄が進んでしまった場合に行われる手術法です。
腰より下部分に麻酔を行い、潰瘍化して古く硬くなってしまった部分を取り除き、そこへ正常な部分の肛門の皮膚を移動させて、肛門管の上皮の一部とします。
 
 
 
スポンサードリンク

Copyright(c) zi.4492.biz All Rights Reserved